妊娠中にルイボスティーが良いって本当?その効果とおススメの茶葉

リラックスしたり、気分をシャキッとさせたり、ハーブティーには様々な種類と効能がありますよね。

その中でもルイボスティーは、美容やアンチエイジング効果が高いとして女性に人気のハーブティーです。

ノンカフェインなのでお休み前でも飲めますし、甘さがありながらスッキリとした味わいなので、つわりがひどい妊娠初期でも気分転換に美味しく飲むことができます。

しかし、美容に良くノンカフェインで飲みやすいだけではありません。妊娠中にこそ飲んで欲しい効果もあるんです。

そんなルイボスティーの嬉しい作用や、オススメの茶葉を紹介します。

こんなにあるの?ルイボスティーの効果

「アレルギー軽減」

喘息や花粉症などの症状の改善が出来ます。ルイボスティーと言えば美容のイメージですが、アレルギー軽減効果はとても有名です。

花粉症の薬を飲みたいけど妊娠していて飲めない!そのつらさを和らげてくれるはずです。

「整腸作用」

ルイボスティーに含まれるマグネシウムには便を柔らかくする作用があります。

また、整腸作用を促すミネラルなどの栄養がたくさん含まれるので、便秘になりがちな妊娠中に嬉しい効果ですね。

「ノンカフェイン」

妊婦さんはカフェインに気を付けるよう言われますが、1日1杯のコーヒーなら問題ないとされています。

しかし、カフェインは中枢神経を興奮させますし、不安感や緊張感が増してしまう事もあります。

妊娠中はカフェインを体内で分解しにくく、胎盤を通して赤ちゃんに吸収されてしまい、赤ちゃんの発育を妨げるとも言われます。

紅茶や緑茶にもカフェインは入っていますので、一息つきたくなったらルイボスティーが良いですね。

「ミネラルが豊富」

お腹の赤ちゃん優先で栄養を取られてしまうママの身体は、栄養不足になりがちです。

特にミネラルのバランスが崩れると、就寝中の足のつりを繰り返したり、貧血になったりと様々な症状が出てしまいます。

ミネラルは汗でも失われやすいので、ルイボスティーでミネラルをチャージしましょう。

「血行促進・むくみ解消」

ルイボスティーには利尿作用があります。

おしっこの回数が増えると困るような気もしますが、妊娠中は足のむくみがひどくなる事もあります。

むくみを解消するには余分な水分を出すしかありませんよね。

また、新陳代謝をアップさせる亜鉛(亜鉛もミネラルです)が豊富なので、血行を促進させ、冷えを改善できます。

「美肌効果・アンチエイジング」

ルイボスティーと言えばコレ!と思う方もいますよね。

ルイボスティーに含まれるスーパーオキシドディスムターゼ酵素(SOD酵素)が活性酸素を抑え、シワやたるみなどの肌トラブルから守ってくれます。

身体や生活環境の変化で調子が悪くなる妊娠中のお肌の強い味方ですね。

人気ルイボスティー3選

コンビニやスーパーでもルイボスティーは売っていますよね。

ペットボトルのように作られている状態で売っているのもありますが、自分で濃さを調節できる煮出しタイプやティーバッグタイプが良いです。

濃い目に入れればその分栄養もたっぷりですし、お水替わりにゴクゴク飲みたいなら薄めでも美味しいですよね。

1.オーガニックルイボスティー(ティーライフショップ 健康茶 自然食品)ティーバッグ101個・楽天で1000円

2.ルイボスティー最高級(紅茶専門店 京都セレクトショップ)茶葉タイプ100g・公式サイトで1180円

3.なごみ(アロマ ルイボス ナチュラルショップ)ティーバッグ100個・楽天で1000円

これらの商品は全て有機JAS認定の商品です。

農薬や化学肥料などに頼らず、自然界の力で生産された食品を表します。いわゆるオーガニックです。

自分の身体を通じて赤ちゃんに届くものですから、やはり化学物質のない安全なものを飲みたいですね。

通販で簡単に買えてお値段の安いものを厳選しました。ママや赤ちゃんの健康と、リラックスにぜひ試してみてください。

コメントは受け付けていません。